2010年03月31日

サリドマイドの処方期間、最大12週に延長(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会は3月29日、第10回会合を開き、多発性骨髄腫治療薬として昨年2月から販売を開始しているサリドマイドの処方期間を現行の14日から最大12週に延長することを了承した。

 現行の14日では、患者が通院する頻度が高く、負担が大きいことなどが理由。事務局は最大処方量について、14日分を基本とするなどとしたサリドマイド製剤安全管理手順(TERMS)や添付文書の文言を削除する案を示したが、参考人からの「(処方日数の)上限はあるべき」などの意見に配慮し、12週を上限にすることとした。

 サリドマイドは1950年代後半に催眠鎮静薬として旧西独で開発され、日本でも広く使用されていたが、妊婦が服用した場合、胎児への重大な障害や死産を引き起こすことが明らかになったため、62年に販売を中止。しかし、90年代に海外で多発性骨髄腫への治療効果が報告されたことをきっかけに、国内でも藤本製薬が昨年から販売を開始している。


【関連記事】
サリドマイド個人輸入量が半減
サリドマイド誤投与で注意喚起−厚労省
サリドマイド製剤、年明けにも販売
サリドマイド製剤販売手順を了承
サリドマイド教訓に、患者とオープンな議論を―血液学会池田理事長

<社民>班目氏含め国会同意人事案に同意へ 常任幹事会決定(毎日新聞)
「国務に専念を」民主・小沢氏、閣僚発言にくぎ(読売新聞)
線路にアンテナ投げ込まれる…山手線事故(読売新聞)
<郵政改革案>30日に閣僚懇談会で最終案 鳩山首相が表明(毎日新聞)
平野官房長官 中井国家公安委員長を口頭で厳重注意(毎日新聞)
posted by シライ ミチオ at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。